レザーバッグ発見!

こんにちは。

かなりのご無沙汰をしております。夏も終わりに近づき、最近はまたレザージャケットをちらほら検索しておりますが、、、いつも見ているハルフに新しくレザーバッグを発見!こちらはイタリア製ということなのでお値段は少々しますが、ハンドメイド加工を施してあるかっこいいやつですのでレザー好きな人にはかなりお勧めできます!ボストンバッグやショルダーなどのレザーバッグはなかなかないですが、種類も豊富なので一度見に行く価値はあります!

もちろんレザージャケットなんかもますます充実してきているので、ライダースジャケット・レザージャケット好きな人にはもちろんオススメです。最近はライダースジャケットが多いみたいなのでライダーの皆さんは要チェックです。こちらのレザージャケット・レザーライダースジャケットはタウンユースにも出来るレザージャケットが多いのでバイクに乗らないみなさんにもお勧めできるレザージャケットです。

今回はレザーバッグの画像をアップしてみます

 

イタリアレザーバッグ

レザージャケットもいいけどたまにはレザーバッグも!

冬だ!レザージャケットだー

あっという間に冬になってしまいました、、、最近全然アップしていなかったので楽しみにしていたみなさんすいませんでした(笑)冬になったので最近はレザージャケットからレザーダウン鮭とに移行しておりますが天気のいい日は結構シャツにレザージャケットだけでも暖かいですね。さすがに朝晩は冷えるのでレザージャケットだけとはいきませんが、、、今年は結構レザージャケットを着ている確率が高いので久しぶりにオイルを塗ろうとしてみたら、、、左袖が日焼けしてました!って気づいた時にはショックでした、、、レザージャケットは日に当たると焼けてしますのでみなさんも保管時には日の当たらないとこのにちゃんと保管してくださいね。僕の場合は車に乗ってる時も着てるので外からの日光で焼けてしまったと思われます。その証拠にレザージャケットの右そでは全然焼けてないですからね。

で、とりあえずオイルを塗ってそれだけです。(笑)今度ちゃんと色を塗って修正しなきゃ!!

N2B・ミリタリージャケット

N2Bなんかもいいです。

秋だ!レザージャケットだ!!

夏もあっという間に終わりホント秋の気配が見えてきましたね、、、昨日は窓を開けて寝てしまったので起きたらのどが痛いという失態を起こしてしましました。レザージャケットでも着て寝れば良かったでしょうか?(笑)秋になるとレザージャケットを着たくなりますね。夜の涼しいときに着るにも便利ですし軽くて小さくまとまるラムレザーのジャケットでしたらなおさら良し。ただ、個人的にはレザーシャツを良く着てますのでこちらも便利。シャツと言ってもブルゾンみたいな襟付きのライダースジャケットみたいな感じになってますのでシンプルです。コーディネートもしやすいのでホントに寒くなるまでは毎日のように着用しております。着ていくたびに革も柔らかくなって体に馴染んでくるのもレザージャケット・ライダースジャケットのいいところですね。ちなみにレザーのシャツから、レザーライダースジャケット・ダウンジャケットという風に寒くなるにつれて防寒着っぽいスタイルに変えていきます。当たり前ですが、、、でも冬でもそんなに寒くない時はライダースジャケットにマフラーというスタイルもなかなかお勧めですよ

 

使い勝手のいいホースレザーライダース

ホースレザーライダースのネイビーは意外とどんなスタイルにも会います。

暑いけど、、、

気持ちはこの冬のレザージャケットに向かっております。

その前に久々にクローゼットからジャケットを取り出してメンテナンス。

うすーくオイルを塗って完了です!

今のところオイルを塗る必要なんてないのですが、一応ね♪

オイルを塗り損ねてカサカサってのだけは避けたいので、、、通常は年に2回も塗れば大丈夫!

皆様も自分のレザージャケットがカビてないか確認の為にクローゼットの奥のレザージャケットをとりだしてみては?(笑)

追加!そろそろ雑誌でレザーの特集が出てきそうなので要チェックしときますょ!

 

レザージャケットの役割

レザージャケット

ライダースジャケット

こんにちは。今日はレザージャケットの役割に付いて語りたいと思います。少し大袈裟ですが、、、レザージャケットと聞いてみなさんが一番に想像するのはバイカーだと思います。昔はライダーと言ってたような気もするのですが最近は専らバイカーと言うようになってるようです。彼らがレザージャケット、ライダースジャケットを愛用するのにはれっきとした理由があります。それはレザージャケットは丈夫だ!って事です。プロのライダーがレザージャケット(フルスーツ)を着用してるにはレザージャケットの持つ強度と柔軟性があってのことなのです。彼らには生死がかかっているのでちゃんと自分の身を守ってくれる装備がレザージャケットなのです。それに加え夏に高速のパーキングエリアでレザージャケットフル装備のバイカーを見て「暑そうだなぁ、、、」と思ったことがあると思いますが、ところがどっこい、本人たちは暑いどころかむしろ寒い位なのです。時速10kmで走ると体感温度は1度下がるといわれているので30度の中を100kmで走行すれば体感温度は20度。しかも走りながらずっと風が当たっていることを考えればレザージャケットと言うプロテクターがなければパーキングエリアで真夏にブルブル震えてしまうという事態も起こりうるのです。こんな状態から救ってくれるレザージャケットはなんといい子なのでしょう♪レザージャケットちゃんバンザイ♪ぁ、もちろんデザインもバッチリ決まってないと真のレザージャケットとは認めませんので宜しくでつm(_ _)m

人生いろいろ、加工もいろいろ~その弐

レザージャケット

オイルレザージャケット

そういえば、、、もうひとつ最近流行のレザージャケットの加工方法を忘れていました。それはオイルレザーです。これも前に書いた加工と同じでビンテージ感がビンビンです♪これはなめした革にオイルを入れていくやり方です。これはオイルが革の中を行き来するのでパーツパーツによって色の濃淡が出てきます。それが着ていくに従ってレザージャケットにいい味を出して行くんです。オイルはレザージャケット全体に均一に染み込んでいくわけではなく、ある程度バラつきが出るのでそのために色の抑揚が出てビンテージな味わいを醸し出してくれるんですね。買ったときからビンテージレザージャケット、10年たってもビンテージレザージャケットってのはなかなかコストパフォーマンスに優れた加工だと思ってる次第です。しかも自分でオイルを入れる(塗る)事によってレザージャケットの表情を変えることもできるので自分だけのレザージャケットに変化させて愛着のある永遠の1着にしていきたい人には是非オススメのレザージャケットです。ガンガンオイルを入れて思いっきりまだらにしちゃっても面白いかもしれないですね♪そこは着る人のレザージャケットへの思い入れ次第!!ちなみにオイルがたっぷり入ってるだけあって多少オイル独特の匂いを感じるかもしれないですけど、そこも含めてもレザージャケットなのです。手入れをして長く使えるレザージャケットの醍醐味を表した1着かもしれないですね。

人生いろいろ、加工もいろいろ

こんばんは~。今日も宜しくお願いしますm(_ _)m今日は寄り道しないでレザージャケット一直線で行きます♪最近のレザージャケットの特徴は何と言っても加工を施したレザーじゃっけっとですね。以前は加工と言っても少し表面を削ってUSED感を出したりとかいう程度でしたが、最近大流行の加工と言えば洗い加工とシワ加工ですね。文字通り洗い加工は洗ったものシワ加工はシワを入れたものなんですが、この二つの共通点と言えばレザージャケットがビンテージっぽく見えるということじゃないかと思ってます。この二つの加工をレザージャケットに施すことで適度なビンテージ感が出て、更に加工によって革にシワが出来るので少しくらいタイトなサイズを選んでも着心地を邪魔しない素晴らしいレザージャケットとなるのです。しかも革の段階で出来たキズやらシワやらがうまいこと隠れてくれるので作るメーカーにもメリットがあるようですが、、、とにかく着心地とデザインはバッチリなので今レザージャケットを購入するなら必然的に洗いかシワ加工を施したレザージャケットになるんじゃないかとは思います。そこで加工の王道と言えば、ニール・バレットですね。ニール・バレットのビンテージ加工レザージャケットといえば「いつかはクラウン」的なノリでしょう。「いつかはニール・バレット」みたいな、、、僕も死ぬまでにはメゾンブランドと言われる御大の最高級レザージャケットに袖を通して見たいですね。素材もデザインも最高級っていうのにはなかなか手が出ないですから、ちょっと宝くじでも買ってきますね~~~♪

大量のレザージャケットに囲まれる♪

ども。体調は崩していませんか?僕、たーさんは少し風邪気味であります。そんなこんなで(どんなだ?)楽しい大学生活を満喫してた僕ですが、バイトもしないと彼女とデートも出来ませんね、、、世の常ですが。なので見つけたバイト先がレザージャケットの輸入卸をしてる会社でした。面接に行ってみるとレザージャケット独特の革の匂いが漂ってきます。(今では慣れてしまって革の匂いに鈍感になってしまってます、、、)面接は10分ほどで終わり、会社の倉庫内を見学させてもらうと、、、そこには(当たり前ですが、、、)大量のレザージャケットの数々が豪華絢爛にたたずんでおりました。なんて荘厳な雰囲気だろうと思ったかどうかはさておきあまりのレザージャケットの多さに尻もちを付いてしまった僕でした(脚色あり。笑)その会社では海外からの輸入レザージャケットを大量に扱ってまして社長は相当ウハウハだったのではないかと思ってます(笑)ここでのバイトは日々何百枚ものレザージャケットをそれことイヤになるほど検品しては箱詰めしての繰り返しの日々を過ごしておりました。この時は15年以上も前の話だったのでレザージャケットはラムレザーを中心に韓国製が多かったですね。中国勢が進出してくるのはそのあとだったんだと思います。それにしてもこの時に見たイタリア製のレザージャケットなんかは高くて触るのも怖いほどでしたが、最終的には50万くらいのレザージャケットを何も考えずにむんずとつかんでは箱詰めしておりました。50万円もするのはレザージャケットじゃなくてムートンジャケットが多かったですけどね。ってな事でレザージャケットとムートンジャケットの違いは?って思った人が多分4,5人はいると思うので次回はその話を!では、また!

レザージャケットとの出会い(邂逅)

レザージャケット

ミリタリーレザージャケット

レザージャケットの数奇な出会いを体験した「たーさん」が送る。レザージャケットにまつわるエトセトラをつづって行きたいと思います。はい。それでは宜しくお願いします♪レザージャケットとの最初の出会いは約20年前の某百貨店の売り場でした。まぁ、○井なのですが、、、(関西には○井はあまりないようなので、某ってことにしておきます)そこで初めて見つけたレザージャケットがツートンのスタジャンでした!大学生の時の冬休みに彼女をブラブラお店を歩いてた僕は壁にかかっていた赤と白のツートンのスタジャンに目が惹かれたのでした。そこで見たスタジャンは定価ヨンマンエンが何とイチマンエンと今でいうデフレ価格になっていたのでした!あら、ビックリ!!もちろんそこで即買いを決行しましたよ。しかもサイズもバッチリでしたからね♪記事はメルトンで袖の革が牛革でした。この革が今まで他のお店で見てた質の悪い(失礼!)革とは違って柔らかく厚みがある(多分)上質なものだったのでその満足度を言えば200点は行ってましたね。このスタジャンは結局大したお手入れもせずに10年以上のロングライフを記録しました。しかもそのあと友達に5千円で売るという暴挙も達成したので(笑)だいぶ元は取れたのではないかと思ってます。この事からも「レザージャケットは長持ちするんだなぁ、、、」と実感するんですね、、、これが僕のレザージャケットにまつわるエトセトラのスタート地点となるわけなのです♪では~~~(^^)/